前へ
次へ

医師が死亡診断書をかけないケースを知る

病院や自宅などで亡くなれば何らかの形で医師に死亡診断書を書いてもらい、その書類でその後の手続きを行って行きます。
病院であれば葬儀会社などが待機しているときもあり、その葬儀会社に依頼をしなくても自宅まで遺体を運んでもらうだけの対応もしてもらえます。
他の業者にその後の依頼をすることもあります。
死亡診断書は非常に重要な書類になりますが、医師が死亡診断書を書けないケースがあるので注意が必要かもしれません。
それは何らかのトラブルが原因で亡くなったときで、交通トラブルや火災などに巻き込まれたときは原因などがはっきりさせないといけないので警察が動く必要があります。
警察に連絡すると現場の検証などが行われ、その後に遺体が運ばれます。
その時に死亡の診断をするのは監察医と呼ばれる医師で検視のあと死体検案書が発行されます。
通常医師に書いてもらう死亡診断書の役割を死体検案書が果たすことになります。
亡くなった原因によって書類が変わることを知っておきましょう。

Page Top