前へ
次へ

亡くなった後の病院での手続きの確認

病院での入院は完治することを考えてのこともありますが、病気によっては完治が難しくそのまま病院で亡くなることも考えなくてはいけません。
本人とも相談をして本人が自宅で最期を迎えたい希望を持っているならそれが叶うようにしても良いでしょう。
ただ自宅だと病院よりも設備などが不十分なケースもあります。
病院で亡くなったかどうかは医師による診断により行われ死亡診断書などが作成されます。
その後しばらくそのまま故人のそばに付きたいと考えるかもしれませんが、通常はすぐに病室から出されて霊安室へ移動になります。
霊安室もいつまでもいられるわけではなく、葬儀会社の車が来れば自宅などに運ばれます。
遺族からすると病院は冷たいと感じるかもしれませんが基本的にはどの病院でも同じような対応です。
病室には故人の荷物などがあるでしょうがそれらはすぐに持ち帰る必要があります。
医療費の支払いは後日でも行えますが忙しくて病院に行けなくなるときもあるので、退院時に済ませるほうがいいかも知れません。

Page Top