前へ
次へ

遠隔地で亡くなったときに葬儀はどこで行うか

旅行中に不慮のトラブルに遭ったり、学生の子供が下宿先で亡くなるなどがあるかもしれません。
その

more

子供の遺体を抱えて自宅に搬送できるか

日本人の平均寿命は80歳近いとされ、通常なら80歳近くは生きることができるのかもしれません。

more

葬儀会社を選ぶのに困ったらどうするか

病院で親族が亡くなり、悲しみに暮れる間もなく色々なことをしなくてはいけません。
その中でも大事

more

海外で亡くなったときに葬儀をどうするか

海外旅行に行くときは海外旅行保険に入るのが一般的です。
日本は世界の中でも治安がいい国とされていて、逆に言えば海外は日本よりも治安が良くないところが多くなります。
また紛争などがある危険な地域もあるので、旅行などに行くときは現地の情報をしっかり確認した上で渡航しなければいけません。
楽しい旅行だったはずが残念な旅行になるときもあり、渡航先で亡くなるときもあります。
となると葬儀はどうすればいいのか気になるかも知れません。
まず日本に遺体を搬送して行うことは可能なケースが多いです。
親族が現地に向かって遺体の確認をし、いろいろな手続きをしなければいけません。
まずは現地で死亡診断書を作成してもらい、その他防腐証明書などが無いと飛行機に乗せられないときもあります。
これらの手続きは現地の大使館等で行ってもらえます。
その国が土葬をするのか火葬をするのかでも異なりますが、火葬をして搬送することもできます。
火葬をしたら火葬許可証が必要になります。

税理士事務所をお探しならこちら!
福岡アーム税理士事務所は経営革新等支援機関として認定されています

仙台・埼玉で不用品回収ならリサイクルマーケット

Page Top